イトナミごはん

イトナミごはんとは

————————————-

家族や自分を想って、日々おうちで作るごはん

————————————-

途切れることなく繰り返される波みたいに思え、

音の響も気に入って名付けました。

*

私がイトナミごはんで心がけていることは、

とにかく日々のごはんは「続いている」ということ。

*

食材は、1回の食事で使い切れないことがほとんど。

大事に、無駄なく使いきれるようなごはんであること。

家計にも自然にも優しくて、助かります。

もちろん、そのためには作った料理もきちんと食べきれるよう

飽きのこない味付けや、アレンジしやすいもの、保存できるものなど

調理の工夫が大事になります。

*

また、毎日食べるものだからこそ、からだに負担のないものを。

瞬間的な美味しさだけではなく、食べ続けたいと思えるものを

選んで食べるようにしています。

*

そして、食べるものだけではなく、自分や家族の体調に合わせて、

何を、どれくらい、どんなふうに食べるかを考えるようにして、

からだを整えるようなごはんであること。

*

毎日のごはんって、豪華なものばかりではなく、

ありあわせだったり、苦手なものだったり、ご馳走だったり

日々いろいろです。

*

私はプロの料理人ではないし、修行した経験もありませんが、

日々、自分の大切な家族を診て、想ってごはんを作っています。

それが、家族や自分のとっておきのごはんであれば、

それでいいなと思っています。