copainさんのお教室が開催されました

気がつけば、3月ももう残りわずかです。

娘も春休みが始まり、

なかなか1人時間も取れないですね。

今月は、長崎でパン教室をしているcopainさん

こころちゃんが、鹿児島でお教室を開いてくれました。

以前、鹿児島でパン教室をしていたこころちゃんですが、

たった9ヶ月で長崎へ転勤となってしまいました。

こころちゃんのお教室が大好きな人たちの熱烈ラブコールと、

こころちゃんの鹿児島への愛によって実現した

待望の出張鹿児島教室でした。

私の自宅でも1日2回のお菓子教室を開いてもらいました。

メニューは、

◉国産レモンのパウンドケーキ

◉パンナコッタ 苺ソース添え

ベーキングパウダーは使わず、

卵(全卵)をしっかり泡立てて作るパウンドケーキ。

準備さえしてしまえば、

あっという間に出来てしまいます。

焼くと、20分経った頃から

真ん中がきれいに割れてくるのがまた嬉しい♡

ふんわり、しっとり。

外側にたっぷり塗ってカリッとした

レモンのアイシングソースがまたアクセントで、

普段食べているパウンドケーキとは別もの!な

とってもリッチなケーキでした。

パンナコッタは、ほんっとにプルップル。

最小限のゼラチンを使ったレシピとのことで、

プルプルだけど固まっている絶妙な加減でした。

いちごを贅沢に使ったソースと一緒に頂くと、

美味しいっ!という声を上げずにいられない。

感激してしまう1品でした。

参加された皆さんが、

本当に心から喜んでいて、感激していて

たっくさんの「美味しい!」声があがり、

幸せな空気に溢れていました。

私は、今回アシスタントとしてお手伝いさせてもらいましたが、

こころちゃんの事前の準備から、前日の準備から

ただただ、参加して下さる皆さんに喜んでもらえるために、

自分ができる精一杯を出し切る姿を見せてもらいました。

私自身、こころちゃんのお教室に行って、

そのすべてにおいて行き届いた美意識のあり方、

彼女の柔らかいけれども揺るがない芯のような空気感

に魅了されました。

それは、なんとなく醸し出されるものではなく、

本当に地味な努力と誠意によって生み出されているものなんだと

確信を得たような気持ちになりました。

自宅教室を始めたばかりの私からすれば、

すべてが学びであり、刺激であり

とても贅沢な時間をもらえたようなものです。

とにかく無事に終わり、

皆さんに喜んでもらい、大満足の1日でした。

普段、お教室をする調理スペースも

今回は試食スペースに変えて利用しました。

自分では思いもつかなかったけれど、

なかなか素敵な空間になるものだなと

ここにも新しい発見がありました。

ご参加いただいた皆さん、

遠く長崎から来てくれたこころちゃん、

協力してくれた家族、

本当に本当にありがとうございました。

もう次が楽しみです♡