初めてのイトナミごはん教室を行いました。

今日で10月も終わり、ハロウィンですね。

娘は、幼稚園でハロウィンパーティーのようですが、

わが家では特に何の計画もなしです。

先々週の福岡での酵素液づくりに引き続き、

先週金曜と土曜には鹿児島の自宅で

初めてのイトナミごはん教室を行いました。

準備でバタバタ、気持ちばかり焦ってしまい、

とてもブログに向かうこともできずにいました。笑

福岡での様子は、前後逆になりますが

まとめたいと思います。

2日目の朝は、初日を終えて少し余裕が。

皆さんをお迎えする前に、パチリ。

img_5795

テーブルは、酵素液の材料をメインに飾り、

あとは、玄関脇のアイビーを引っこ抜いて

キャンドルと一緒にアレンジしました。

お教室のスタートは、

私が作った酵素液の炭酸水割りで乾杯♡

img_5803-1

私の酵素液づくりでは、

しっかりいろんなお話をさせていただきます。

酵素はもちろん、砂糖のこと、農薬や洗うことの大事さ、

麹のこと、酵素液の使いこなし方まで。

私は、酵素液は嗜好品だと捉えています。

日々の暮らしの中の、お楽しみの1つ。

果物の食べ方の1つであり、調味料の1つとして。

4年前から作り続けて、ワークショップをしたりと

経験を重ねる中で迷ったり、学んだりしながら、

時には作るのをやめたりもしました。

今は、作りたい素材を見つけた時に作る、

くらいの頻度です。

そんな中で、今回お伝えしたのは

麹を使い、砂糖も少し少なめにして、手で混ぜない

このスタイルが現時点では一番しっくりきています。

しかも、麹は私が手作りした

自家製米麹を使って作ります。

たくさんのことを一気にお伝えした後は、

いよいよ皆さんで仕込みます。

img_5800-1

ワイワイ一緒に作ると楽しいですよね。

今回使った材料は、

青森産・有機栽培の林檎(紅玉、サンつがる)

鹿児島産の檸檬、ライム、生姜

スパイス(シナモン、カルダモン、クローブ)

米麹は、宮崎県都城の合いがも米を使って

私が作った自家製米麴

金曜、土曜とたくさんの酵素ちゃんができがりました。

img_5799-2

img_5793-1

みんな美味しく出来上がってねー。

と、これから1週間くらい、無事に出来上がるか

私はドキドキです。笑

酵素液を仕込んだ後は、

今回は私の作るお弁当を食べて頂きました。

私がこれからお伝えしたいと思っている

「イトナミごはん」を、実際に食べて感じてもらえたら。

そう思って、普段作ることの多いおかずなど含め

盛りだくさんでご紹介しました。

img_5789-1

パッケージも、1つ1つ心を込めて

手書きで「itonami gohan」と。

img_5790-1

お弁当と味噌玉のお味噌汁も一緒に。

img_5791-1

その場でお湯を注いで、

混ぜて溶かしながら頂いてもらいました。

米麹をすりつぶしたもの、自家製お味噌、

すりごま、本枯れかつお節を混ぜたもので、

少し時間が経った方がよりまろやかに。

皆さんにも喜んでもらえ、本当に良かった。

img_5802-1

最後は、デザートを。

豆乳と甘酒のプリンに酵素液をかけたもの。

img_5804-3

私が甘いものがあまり得意ではなくて、

スイーツを作るのが苦手なのですが、

やっぱりデザートは必要ですよね。笑

寒天で作ってみたり、甘酒の量を調整して

甘すぎず酵素液の甘みを楽しめる仕上がりです。

参加くださった方にお尋ねされたので、

レシピも載せておきます。

シロップは、酵素液でなくても代用できます。

<材料と作り方>

・ゼラチン   5g

・水      50ml

・豆乳     200ml

・甘酒     大さじ4

ゼラチンと水は混ぜて、温めて溶かしておく。

豆乳と甘酒を混ぜて、溶かしたゼラチンを入れて

よく混ぜて容器に注ぐ。

冷蔵庫で冷やし固めて、シロップをかければ

出来上がりです。

自宅での初めてのお教室でしたが、

身もココロもバタバタ&ワタワタの中、

楽しかった、美味しかったとおっしゃってもらえた

その言葉と笑顔に本当に救われました。

ご参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

少しずつ、自分のペースやスタイルが作れたらと

思いつつ、早速来月のことを考えなくてはー。笑